07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

日本を想う気持ち

2011年03月19日
2011年3月19日

日本で大地震、大津波が来て1週間。
カリブ海の小国、セントルシアでもBBC、CNNを通じて映像が届き、
すぐにホストファミリーや同僚などから、「家族や友達は無事か?」
「日本の人々がこの状況を乗り越えることを願っている」などの
お見舞いの電話をもらい、その心づかいをとてもうれしく感じました。

しかし、日々、厳しくなる被災地の状況や深刻化する原子力発電
施設の問題をインターネットのニュースで見て、活動に力が入らない、
気持ちが腑抜けている感じが否めませんでした。というのも、
同僚などからは、「家族、友達は無事であったからよかった」
「セントルシアでも去年ハリケーン被害があったから、
次が日本になってしまったんだよ」などと声をかけられたり、
BBCやCNNでは連日、津波被害の悲惨さと原子力発電施設の危機を
伝える映像を見て、なんだか自分の日本を想う気持ちと周りの状況に
違和感を抱いていたからです。また、自分の活動では未だ
「何をしたらよいのか」「どうしてこの活動をしているのか」
「何ができるのか」と悩みながらの日々で、成果が目にみえない
状況に不安があり、このことも影響していたと思います。

そして今、1週間経ってようやく私の気持ちが落ち着いてきました。
日本の人々が助け合っている姿、世界各国からの日本への支援を知り、
自分の立場、状況がわかってきたからです。こんな私ですが、私も
日本の人々を想う一人であり、日本人であることを誇りに感じ、
また多くの国が支援してくれることは、今まで日本人から何かしらの
恩を受け、それを返したいという思いがあったからだと思います。
今、私は今後、セントルシアの人々とそんな関係を築くチャンスを
もらっているのでは。今できることは、日本の人々と同じように
できることを日々やっていくこと、そしてそれが未来の希望に
つながるかもしれない、自分自身にとっても、
日本、セントルシアの人々にとっても。

今、海外にいるからこそ、自分が日本人であること、
日本の人々のすばらしさを新鮮に感じているのかもしれません。
今回の大災害がこのことを気づかせてくれたと思うと、
少し気持ちは複雑ですが、残り1年3カ月のこの特別な時間を悩みながら、
でも希望や楽しみを持って過ごしていきます~♪

最後に、ご家族・ご友人が地震被害に遭われた方もいると思います。
改めてお見舞い申し上げます。
スポンサーサイト
活動 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
「今、本当にこれでいいのか?」は、きっと多くの人が抱えている気持ちだと思います。
日本においても、直接すべきことが被災地の方々のためになると分かって活動する人以外は、みんな疑問を持っているんじゃないかな。
"自分にできること"が分からないので、小額でも募金や待機電力のカットをしてます。
そして怯える子供を勇気付けること。
直接被害は無くても、いつのまにやらACのTVCMすら怖いものと感じてしまっているみたい。
父親としても頑張りどころです。
No title
いつもコメント、ありがとうございます!実は、osgさんがどなたかはっきりしていません。すみません。もし、よければ、私にメールアドレスを教えて頂けないでしょうか?
よしみさんへ
名古屋もあの日は相当揺れました。私は会社にいて、2分ぐらい横揺れを感じました。

地震後数日間は、報道を見るたびに震災の爪跡に胸が痛み、何も出来ない自分の無力さに、気持ちも落ち込みました。

よっちゃんが言うように、今自分が出来る事をするしかない…と私も思い始めました。

よっちゃん、日々葛藤したがら頑張ってるね。私も負けないように頑張るよ!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
いつも、コメントありがとう!私は、こちらでの生活にも慣れてきました。でも、まだまだ英語がねー。でも、デング熱からもすっかり復活し元気です。
そちらは、家族も皆元気かな?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。