08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ブレスレットづくり

2011年07月03日
2011年6月18日

入居者さんとブレスレットづくりをしました。
今月末に友達から頼まれ、ヘルスフェアを
手伝うこととなり、高齢者理解のブースを
担当することに。そこで、このブレスレットを
売って、シニアホームで行っているお菓子作りの
材料費の足しに少しでもしたいと思っています。

このブレスレット、何が材料だと思いますか?
漂白剤のボトルを切って、それを芯にして糸を
巻きつけています。エコですよねー。
このアイディアで、もともとルシアンが作っていて
それに感動した私の友達がさらに私に教えてくれました。
入居者さんでも作成できるよう、シンプルな作り方に
してやってみましたよ。

いつもアイディア提供してくれる心強いボランティア友達が
ホームを訪問!
ブログ1
ブログ8

ヘルスフェア当日は、こんな感じで販売しました!
30EC(約900円)売れました!!
ブログ9
スポンサーサイト
活動 | コメント(0) | トラックバック(1)

5月19日 公開報告会

2011年05月29日
2010年5月29日

今月は、2回も!プレゼンをしました!
1回目は、5月14日アメリカ&台湾ボランティアとの交流イベントにて、
2回目は、5月19日セントルシア公開報告会にて。
英語でのプレゼンを母国語である人々にするのは人生初!
ちゃんと伝わるだろうか、準備中もとても心配でした。
(発表の前々日にパソコンを盗まれる夢を見て飛び起きました。。。)

セントルシアでは、JOCV活動の一環として、公開報告会を年1回
JOCVの活動を関係省庁、配属先などにより理解をしてもらうため、
またその場で新たなフィードバックをもらい、活動に活かしていくために
行っています。今年で3回目です。

公開報告会、前日には事務所でリハーサルを行いました。
活動先のスタッフ前にリハーサルをしてきていたので、
これが私にできる精一杯と思って出かけると。。。
「日本人ならなんとなく伝わるかもしれないけど、言葉が足りない、
話しの展開がわかりにくい」と。指摘を受けると自分でも確かに納得。
さすが、国語力のない自分(苦笑)とっても勉強になりました。
しかーし、すでに報告会前日、単語の訂正、新たな文章、
これから練習して頭に入るだろうか???
焦りと不安でドキドキな一晩を過ごしました。
この日は私の誕生日でしたが、それどころではなかったです。。。

さて当日、私の出番は4番目、発表時間20分。ゲストは約45名。
待ち時間は長く感じ、自分の発表はあっという間でした。
シニアシティズンホームで自分が始めた3つの取り組みについて
日本の経験も交えて報告しました。
写真、わかりますか?日本の私の職場ですね~
公開報告会4

同僚からのビデオメッセージあり
2公開報告会

マネージャーも発表に参加し、コメント頂きました!
3公開報告会

同僚やマネージャーにも、発表に参加してもらう試みは今回が初めてでした。
このことも良かったのか、どの発表もセントルシアの人々は温かく、興味を持って
聞いてくれたと思います。自分としては、報告会を終え、伝えたいことを
伝えるためにはさらに自分の考えをまとめる必要があることに新たに
気づく機会ともなりました!
活動 | コメント(2) | トラックバック(0)

協力の輪 少しずつ

2011年05月01日
2011年4月12日

この日から、ようやく活動再開。
私がデング熱になる前から、床ずれが悪化していた
入居者さんがいました。スタッフに体位交換や
ちょっとしたマッサージの必要性を少しずつ
伝えていましたが、なかなか浸透せず私の活動日には
できるだけのことはしようと介助していて。
気になったいました、その後が。
ホームへ行くと、私が入院した日に亡くなられていました。
私が活動を始めて、10名以上の方が亡くなられています。
健康管理の方法、やはり少しづつでも、スタッフとできることを
見つけたいと思います。

そして、もう一つ気になったいたのが、畑!
全て枯れ枯れになっているんじゃないか・・・
私が入居者さんの楽しみになればと、自ら始めた活動で
スタッフからしたら余分な世話が増えたわけで、
実は半分あきらめてました。皆、ありがとう!!

Jさん 朝、夕と水やりしてくれています!
スタッフが、彼に頼んでくれたようです。
畑③
草だらけであったので、私が草取りを始めるとスタッフが
2名の入居者さんを呼んでくれました。種からトマトときゅうり
育て中。
畑④
レタスは、約1カ月で収穫できました!
入居者さんのランチで早速食べます~
畑②

確か、私は新ホームへの移転の手伝いのためにやってきたのですが、
移転は未だ日程が決まらず。現在は、今できることをと。
畑づくり、少しづつですが皆が手伝ってくれて、ほんとうにうれしいです!
しかも、結構、楽しそう。入居者さん。

スタッフは、いつも入居者さんをパシリのように何かを持って来させたり、
他の入居者さん介助の手伝いさせたりしています。入居者さん同士の
助け合いなら良いのですが。。。畑を手伝うことと、普段のパシリのような
手伝いとの違いが伝わるといいのですが・・・
まあ、ぼちぼちとやっていきます!

活動 | コメント(1) | トラックバック(0)

日本を想う気持ち

2011年03月19日
2011年3月19日

日本で大地震、大津波が来て1週間。
カリブ海の小国、セントルシアでもBBC、CNNを通じて映像が届き、
すぐにホストファミリーや同僚などから、「家族や友達は無事か?」
「日本の人々がこの状況を乗り越えることを願っている」などの
お見舞いの電話をもらい、その心づかいをとてもうれしく感じました。

しかし、日々、厳しくなる被災地の状況や深刻化する原子力発電
施設の問題をインターネットのニュースで見て、活動に力が入らない、
気持ちが腑抜けている感じが否めませんでした。というのも、
同僚などからは、「家族、友達は無事であったからよかった」
「セントルシアでも去年ハリケーン被害があったから、
次が日本になってしまったんだよ」などと声をかけられたり、
BBCやCNNでは連日、津波被害の悲惨さと原子力発電施設の危機を
伝える映像を見て、なんだか自分の日本を想う気持ちと周りの状況に
違和感を抱いていたからです。また、自分の活動では未だ
「何をしたらよいのか」「どうしてこの活動をしているのか」
「何ができるのか」と悩みながらの日々で、成果が目にみえない
状況に不安があり、このことも影響していたと思います。

そして今、1週間経ってようやく私の気持ちが落ち着いてきました。
日本の人々が助け合っている姿、世界各国からの日本への支援を知り、
自分の立場、状況がわかってきたからです。こんな私ですが、私も
日本の人々を想う一人であり、日本人であることを誇りに感じ、
また多くの国が支援してくれることは、今まで日本人から何かしらの
恩を受け、それを返したいという思いがあったからだと思います。
今、私は今後、セントルシアの人々とそんな関係を築くチャンスを
もらっているのでは。今できることは、日本の人々と同じように
できることを日々やっていくこと、そしてそれが未来の希望に
つながるかもしれない、自分自身にとっても、
日本、セントルシアの人々にとっても。

今、海外にいるからこそ、自分が日本人であること、
日本の人々のすばらしさを新鮮に感じているのかもしれません。
今回の大災害がこのことを気づかせてくれたと思うと、
少し気持ちは複雑ですが、残り1年3カ月のこの特別な時間を悩みながら、
でも希望や楽しみを持って過ごしていきます~♪

最後に、ご家族・ご友人が地震被害に遭われた方もいると思います。
改めてお見舞い申し上げます。
活動 | コメント(6) | トラックバック(0)

おおらかでいて心配りができる

2011年02月20日
2011年2月20日

今の私には、日本で仕事をしていた時のように何か締切に追われると
いうようなことは何もありません。だから、ストレスが減るのかなと
思っていましたが、意外と別のストレスを感じたりします。

入居者さんと何か楽しいと感じられることをしたい!と
お菓子づくりと野菜づくりのアクティビティを始めることにしました。

隊員支援経費といって、活動に関連し、配属先が購入すべきものの
不足分を補うという形でJICAが経費を補助してくれる制度があります。
この申請には配属先からのレターが必要で、それをマネジャーに
お願いして書いてもらうのに1週間。書きあげてもらうのに2時間。
何事も思うように進まない、そして言葉の問題。文化も考え方も
違うのだから、日本との違いがあって当たり前とわかっていても、
心はイライラと感じてしまいます。

申請が承認され、アクティビティも実現できて、1歩前進。
体操やクラフトには興味のなかったスタッフも、いろいろと
セントルシア流のアドバイスをくれ、うれしい。
スタッフが、効率よくケーキを作ってしまおうとするので、
なんとかそれを阻止して、入居者さんに役割振ってと、
これもなかなか楽しい。

週が明けて、活動へ行くと2名の方が亡くなられていた。
そして、じょく創が一気に悪化した方を目の前にして、
残された時間がそんなに長くない人を前にして、
これくらいしかできないと自分勝手に線引きしていたのでは
ないかとがっくり。別件でホームに来てくれた友達が、
たまたまケアのアドバイスをくれて、気づく始末。
もう、10年もこの仕事しているけれど、いつも思う。
目の前の利用者さんから、その都度新たな気づきを教えてもらう。
大体、何でも知っているだけではダメで、何ができるかを
求め、行動できる謙虚な姿勢。いろいろな入居者さんがいて、
全員の思いを感じ、行動することは簡単ではないけれど、
一部に偏ってもいけないと感じました。

おおらかでいて心配りもできるようになりたいのですが、
自分の気持ちはのぼせたり、ストレスを感じたりとなかなか
おおらかになれず、心配りできる余裕が持てていません。
少しずつ、努力します~

お菓子づくり1

お菓子作り2
活動 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。