08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

デング熱!

2011年05月01日
2011年5月1日

すっかりご無沙汰になってしまったブログ更新です。
2か月分、まとめて書いてしまいます。

更新できなかった理由の一つ、3月下旬に
実はデング熱に罹り、3泊4日入院しました。
デング熱は、熱帯地方に分布する疾患で、全世界で
数十万人の患者が発生しているそうです。
蚊により感染し、多くは感染しても、発症することなく
感染に気づくことなく終わると言われています。
しかーし、私は突然、発熱!発症してしまいました。
高熱が約3日、続きましたが、幸い重症化せず、
入院したときには、熱も下がっており、何も治療もせず
自然治癒しました。で、なぜ入院かと。
解熱後、白血球と血小板の数値が通常の半分になってしまい、
その数値が戻るまでの入院で、万が一出血や血圧低下があったら
大変というわけで。さらに、その後肝機能の数値も下がり、
経過観察に約2週間。活動自体、3週間ほど休みました。

こんなふうに書くと、さぞ大変だったかと思われてしまいそう
ですが、日本で新型インフルエンザに罹った時のほうがつらかった。
むしろ症状がこれといってないのに、血液検査の数値がなかなか正常に戻らず、
そのことがちょっとしたストレスでした。

今、思えば、その頃活動のことで、ちょっといろいろ抱え込みすぎて
いたかもと思うこともあり。疲れが出たのかなと思います。
改めて健康管理には気をつけます!

デング熱が発症する前の、いつもと変わらない生活(2011年3月)
前回紹介した、お菓子づくり同様、隊員支援経費を使って、用具を
そろえ、始めた入居者さんの楽しみづくり第2弾、畑づくり!開始!!
畑①

セントルシアの友人と、ホームレスの人への朝食サービスの手伝い
教会活動

この3日後に突然発熱!蚊にさされてから、発症する場合3-14日の潜伏期間をおいて
デング熱は発症する。つまり、畑を耕し、ボランティアしてる時にはすでに
感染していたようです。。。
スポンサーサイト
ハプニング | コメント(0) | トラックバック(0)

ハリケーンTOMAS来襲

2010年11月13日
2010年11月13日

虫さされその後、とにかく麻酔なしの切開だけは
逃れたい思いいっぱいで週末に。すると、あやしい
空模様。スフレに帰宅後、翌日ハリケーンが来るかも
しれないとメールあり。頭もなんだかちょっと重いし、
ともかく休む。やはり翌日(10月30日)は強風に大雨。
ネットで状況を確認すると、セントルシアとセントビンセント
(セントルシアの南に位置する国)の間を通る予報。
その時点では、弱い熱帯低気圧(Tropical Storm)。
だんだん、風も雨も強くなり、夕方からはネットも
TVも使えず。実は、運悪くセントルシアに近づいた際に
台風(Hurricane)になり、勢力も強め去っていった。

私は、活動先が10月末には本来移転する予定であった
のでキッチンのついているホテル住まい。幸い、部屋は
3階で何の被害もなかった。外をみたら、真っ暗。
あれ、どうしたんだろう。私の住むスフレの町の川が
溢れ、多くの家が床上浸水、さらに山近くの地域は
土砂崩れ。月曜、私の足は幸い腫れもずいぶんひき、
痛みもほとんどなくなった。スフレの町の惨状に驚き
ながら、活動先へ。ひどい土砂崩れで道路が閉鎖となり、
約1時間かけて歩いて出勤。電気も水道も止まり、電話も
使えず。スタッフは交代できず、2名が24時間働いていた。
セントルシアで、私だけJOCV事務所と連絡がとれず、
首都から所長と調整員さんが安否確認にボートで来て
下さった。それから、電気、電話の復旧に1週間。
そのため、お店も開かず。
ネットは2週間。ダムも壊れ、水は未だ、復旧せず。
私はほんと恵まれていて、電気も自家発電があり、水も
タンクがあり、今のところほとんど困らず生活させて
もらっていて。その分、活動先で勤務に来られないスタッフ
の代わりとして活動した日々2週間でした。

残念なことに私の住む地域がセントルシアで一番の被災地で、
約2000名の方が何かしらの被害を受け、300名以上の方が
家を無くされたと聞いています。国全体の台風被害については
未だ調査中ですが、様々な要因が絡みあい、被害が大きく
なってしまったと言われています。(台風注意の呼びかけが、
ニュースのハイライトとして取り上げられなかったこと、
避難指示が十分でなかったこと、年に1度の祭りの準備で人々は
あまり天気を気にしていなかったこと、ここ何十年と台風被害が
なかったことなど)今は少しずつ、人々の暮らしが戻り、
心も落ち着くことを願うばかりです。

皆さん、備えあれば憂いなし!私も今回、水、食糧など
備蓄してあったので困らずに済みました(事務所からの教えのおかげ!)
心配した虫さされはその後、悪化せず落ち着いてますー。
本当は1週間後再診予定でしたが、道路閉鎖で行けず。
まあ、大丈夫でしょ~。
ハプニングをお知らせしましが、私は元気にしていますので
心配はいりません。では、次回からは写真つきブログに戻りまーす!
ハプニング | コメント(1) | トラックバック(0)

蜘蛛?にさされた!

2010年11月13日
2010年11月13日

すっかり、ご無沙汰してしまったブログ。
10月は、活動もプライベートも忙しかったんです。
と言い訳はおいておきまして、ハプニングが2つありましたので、
まずはその報告からします。

10月25日の朝、活動先の事務所にいたところ、左足首
あたりにチクリと感じ、見てみると小さな水ぶくれ。
「あー何かにさされたなー」と思ってたところ、
27日の夕方より、腫れと痛みが出てきて、翌日には痛みで
足を引きずって歩くことに。虫さされを軽くみて、
しばらくしてから受診したら、切開して膿を出したと
いう話を2人から聞いていたし、調整員さんからも受診のすすめ。
ちょうど首都にいたので、皮膚科にかかることができ、
細菌検査のため、組織をすこし取り、抗生物質と痛みどめで
様子をみる。検査の結果が出ないと何ともいえないが、
「たぶん蜘蛛にさされたのでしょう」と先生。医学書を
見せられ、蜘蛛と症状の写真を眺め、「蜘蛛なんて
見てないけどなー」と思いながら、ひどくなって切開に
ならないことをただ願いながらスフレに帰宅しましたー。
ハプニング | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。