05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

家庭訪問

2010年08月22日
2010年8月13日

今日は、首都カストリーズで施設移転のミーティングがあるということで

朝出かけました。交通機関は、ミニバス(大体ハイエース)。お客さんが

いっぱいにならないと発車しないので、時間が読めないですねー。

今回は、朝ということもあり30分待ちで発車。スフレからは、いくつもの

山越え。いやー運転手さん飛ばします。たった1時間の乗車なのに結構ぐったり。

でも、9時にはばっちり間に合い、家族福祉局に到着!

で。。。私の上司から電話。遅れると。ここでは、一人先輩隊員が活動して

いるので、スタッフを紹介してもらい、挨拶にまわって連絡を待っていると。

今日は延期と。まあ、こういうことはよくあることと聞いていたけれど。

生活保護を担当しているワーカーさんが、今から家庭訪問に行くというので

急遽一緒に連れていってもらいました。Mr Ferdinand、ワーカーとして20年も

働いているというベテラン。この日は、5件訪問しました。一人で暮らす高齢者の

方や、事故で12年もベット上で暮らす30代の方、家を自分でバラックで作って

暮らす方。セントルシアは、小さな国。大きな産業があるわけでないので、

決して経済状況が良いわけでもなく、社会的弱者の人々へのサービスの予算は少ないと

聞いた。私の配属先のシニアホームもナースアシスタント(介護士)が少ない。

そんな状況だが、Mr Ferdinandはそれぞれの地域で人々から気軽に声をかけられ、

声をかけ、人々の話に耳を傾け、ソーシャルワーカーの鏡のような人だ。

私は、どんなふうにセントルシアの人々を応援できるだろうか。。。

まだまだ、何ができるかわからないが、こんなふうにいろんな人に出会って

より自分の考え方や行動が広がるといいなーを思えた1日でした。









スポンサーサイト
活動 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
国によって♪
同じ職業でも仕事や対象者は違うだろうね。
時間の感覚なんて日本では信じられないよね。

きっと、人柄にも反映してるんじゃないかな。

日本はまだまだ毎日猛暑で
夏が苦手な私はヘトヘトです。

よっちゃんも体を大事にねe-266

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。