04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ハリケーンTOMAS来襲

2010年11月13日
2010年11月13日

虫さされその後、とにかく麻酔なしの切開だけは
逃れたい思いいっぱいで週末に。すると、あやしい
空模様。スフレに帰宅後、翌日ハリケーンが来るかも
しれないとメールあり。頭もなんだかちょっと重いし、
ともかく休む。やはり翌日(10月30日)は強風に大雨。
ネットで状況を確認すると、セントルシアとセントビンセント
(セントルシアの南に位置する国)の間を通る予報。
その時点では、弱い熱帯低気圧(Tropical Storm)。
だんだん、風も雨も強くなり、夕方からはネットも
TVも使えず。実は、運悪くセントルシアに近づいた際に
台風(Hurricane)になり、勢力も強め去っていった。

私は、活動先が10月末には本来移転する予定であった
のでキッチンのついているホテル住まい。幸い、部屋は
3階で何の被害もなかった。外をみたら、真っ暗。
あれ、どうしたんだろう。私の住むスフレの町の川が
溢れ、多くの家が床上浸水、さらに山近くの地域は
土砂崩れ。月曜、私の足は幸い腫れもずいぶんひき、
痛みもほとんどなくなった。スフレの町の惨状に驚き
ながら、活動先へ。ひどい土砂崩れで道路が閉鎖となり、
約1時間かけて歩いて出勤。電気も水道も止まり、電話も
使えず。スタッフは交代できず、2名が24時間働いていた。
セントルシアで、私だけJOCV事務所と連絡がとれず、
首都から所長と調整員さんが安否確認にボートで来て
下さった。それから、電気、電話の復旧に1週間。
そのため、お店も開かず。
ネットは2週間。ダムも壊れ、水は未だ、復旧せず。
私はほんと恵まれていて、電気も自家発電があり、水も
タンクがあり、今のところほとんど困らず生活させて
もらっていて。その分、活動先で勤務に来られないスタッフ
の代わりとして活動した日々2週間でした。

残念なことに私の住む地域がセントルシアで一番の被災地で、
約2000名の方が何かしらの被害を受け、300名以上の方が
家を無くされたと聞いています。国全体の台風被害については
未だ調査中ですが、様々な要因が絡みあい、被害が大きく
なってしまったと言われています。(台風注意の呼びかけが、
ニュースのハイライトとして取り上げられなかったこと、
避難指示が十分でなかったこと、年に1度の祭りの準備で人々は
あまり天気を気にしていなかったこと、ここ何十年と台風被害が
なかったことなど)今は少しずつ、人々の暮らしが戻り、
心も落ち着くことを願うばかりです。

皆さん、備えあれば憂いなし!私も今回、水、食糧など
備蓄してあったので困らずに済みました(事務所からの教えのおかげ!)
心配した虫さされはその後、悪化せず落ち着いてますー。
本当は1週間後再診予定でしたが、道路閉鎖で行けず。
まあ、大丈夫でしょ~。
ハプニングをお知らせしましが、私は元気にしていますので
心配はいりません。では、次回からは写真つきブログに戻りまーす!
スポンサーサイト
ハプニング | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
うわぁ・・・。
大災害だったね・・・e-260
自然の力には逆らえないから
日頃からの備えが大切になるね。

早く復旧して元の生活に戻れますように。
よっちゃんの足も元気に復活しますように。

くれぐれも無理せず大事にねe-420



管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。